山陰の食べ方研究会【1】

日本漢方の食養生をベースに、山陰の風土にあわせた食べ方や調理の仕方を知り、地のものを食べることの意味を知るための会です。

「日本漢方の食養生に基づく、島根食材研究会」略して”山陰の食べ方研究会”です!

地元の食材を食べることが健康につながるという「身土不二」の考え方を基本として、山陰の食の力を見直そうという会です。「研究会」という名前のとおり、みんなでわいわい想いや考えを交わし合いながら、山陰の美味しいものを楽しみましょう!

(考え方)
・山陰の風土に合わせた食べ方や調理の仕方を知り、地の物を食べることの意味を知る

・山陰で作られてきた調味料や食材を使って旬を味わう

・湿気の多い山陰の風土に合った食べ方、病気にならない体を作る食べ方を学ぶ

・季節や体質に合わせた食べ方や食べ合わせを知り、自分や家族の健康維持につなげる

・山陰の食材の魅力を引き出し堪能する

日にち -2013年9月25日(水)
時間 -午前10時〜午後2時頃
参加費 -3,800円
持ち物 -エプロン、メモ帳 
メモ

-定員15名程度
※要申込 定員になり次第締切ります 

【第一回の内容】

○テーマ:山陰の気候風土と発酵文化

糀の話 甘糀(甘酒)

夏ばて回復、疲労回復

調理実習「発酵食堂」

しまねふりかけづくり(里バージョンで)

○実習「発酵食堂」メニュー:

・豚の生姜焼き食べ比べ 砂糖と甘糀

・鯖の塩辛でつくるサバーニャカウダソースと蒸し野菜

・長芋ごはん

・甘糀と三瓶桃太郎農園の桃でつくるスムージー

○島根ふりかけ 研究開発

・里バージョン(ゆかり、えごま等)

○選定食材研究:

・島根県内の甘酒食べ比べ

・コーヒーを使った実験

※内容は予告なく変更することがあります

講師

漢方薬剤師 引野里佳さん

食コーディネーター 和田裕子さん 

 申込について

お問い合わせ、申込はキッチンスタジオ等までお願いします。

【電話/FAX】 0852−59−2121

【メール】 info@kitchennado.jp

メールフォームからもお問い合わせ、お申込みください

※ご希望のイベント名、参加人数、連絡先を明記してください。
メールが届いた時点までに定員に達した場合などはお断りする場合があります。ご了承ください。

【住所】 〒690−0823 島根県松江市西川津町3234−2

地図はこちら